【全身脱毛定額制サロン】大阪で人気のお店を体験レビュー

MENU

全身脱毛を行うのであれば、効果的な方法を選びたいと思っている方もいるでしょう。全身脱毛の知識と効果的な方法を勉強していきましょう。

 

全身脱毛をしてもらう場合には、エステサロン、皮膚科や美容外科などでの専門医がいる医療機関で行えます。その場所により施術する方法は違いますが、最も効果的な脱毛方法はニードルと呼ばれる電子針脱毛になります。

 

電子針脱毛の特徴としましては、直接細い針を毛穴に刺して電流を流してしっかりと毛根組織を破壊させるので、理論上では毛が2度とは再生しない仕組みになっているので永久脱毛効果を得る事が出来るのです。ただこの施術の場合ですが、しっかりと毛根組織を破壊させるので全身の一本一本の毛穴を施術していくので結構時間がかかってしまうのです。

 

電子針脱毛では毛穴に針を通す時に電流が通る痛みを感じるので、我慢出来なくなるような痛みを箇所によっては感じる事もあります。その為で医療機関の方では施術する前にクリーム状での麻酔を塗ってくれるなどの対処をしてくれる機関もあります。この電子針脱毛は、日焼けしている肌や細い毛であったとしてもきちんと効果を得る事が出来る方法なのです。

 

また医療機関であれば、レーザーでの脱毛施術を行う事が出来るのです。光のレーザーを照射しますので、皮膚にはダメージを与えずで黒い毛部分のみだけにダメージを与えてくれるので、毛根組織を破壊させてくれる事が出来る施術なのです。このレーザーでの脱毛施術では、電気針脱毛とは違って広範囲をまとめて処理が出来るのですが、日焼けしている肌にはこのレーザーでの脱毛施術は出来なく、細い毛にも反応がしにくい場合もあります。

 

全身脱毛では、ただ一回だけの施術だけでは効果が得られるものではないのです。それは医療機関や脱毛サロンどちらであったとしても、複数回での施術が必要になっていきます。

 

全身脱毛の場合ですと、施術する体の範囲が多く場所によれば毛の生え方が違ってくるのでそれぞれで効果の現れかたが異なってきます。例を挙げれば両ワキの場合ですと比較的に早い段階で効果を得られやすいのですが、細い毛が生えている所や顔などの産毛などはなかなか効果が現れにくいとされています。それは毛の量や質であるとかは個人によって差が生じてくるので、全ての人が必ず同じ期間で脱毛の効果が得られるとは限らないのです。

 

全身脱毛では一般的で言えば6〜8回ぐらいの回数の繰り返しでの施術が必要になってくると言われております、それは毛の質や量によってもその回数の判断により変わってきます。一回の施術が終わると、毛の生え変わる周期がありその周期サイクルに合わせて次の施術を行う事になります。その周期サイクルはだいたい2〜3か月後で通う事になります。

 

また医療機関や脱毛サロンでの施術をした時での比較をして見ると、どちらかと言えば医療機関の方が早く効果が現れやすいと言われております。その医療機関ではレーザー脱毛なので、脱毛サロンで行っている光脱毛よりも高い出力で行われるのが許可されているので、脱毛効果が発揮しやすいそうです。

 

ただ脱毛サロンであれば電気針脱毛を行うので、毛を一本一本脱毛する細かい作業をするので時間はかかりますが、すぐに脱毛効果が得られる事が出来ます。これで医療機関との違いを理解出来ましたでしょうか。

 

初めて全身脱毛する場合には、自分が完全に脱毛が終わるまでにどれくらいの期間を要するものなのか不安だと思いますので脱毛サロンや医療機関で初めにカウンセリングを受ければ目安の期間を知る事が出来ます。このカウンセリングはほとんどの場合は無料ですので、施術期間を知る為にもカウンセリングを受けるようにした方がいいでしょう。